今回のリフォームでは、マンションのお部屋の天井部分にカビが発生していたため、カビが発生しづらくするための断熱工事をしています。

もともと、コンクリートの天井に、直にクロスが貼られており、外壁側の天井部分に、断熱工事がされていなかったことが、カビが発生した原因の一つと考えられました。

最初に天井のクロスをはがしてから、木をコンクリート部分に留めつけていきます。その後、その木と木の間に木と同じ厚みの断熱材を取り付けていきます。断熱材は発泡スチロールが硬くなったような素材で断熱性能に優れています。

マンションコンクリート天井断熱材設置
Exif_JPEG_PICTURE
マンションコンクリート天井断熱材設置中
Exif_JPEG_PICTURE

天井の一部分だけ断熱工事を行っているのは、外壁側から近い部分が結露などのカビに対する弱点となっているため、その部分のみを断熱しているからです。

このあと、合板をはりつけて、クロスを貼っていくことになります。

マンションでカビにお困り等がございましたら、現地調査・お見積りは無料で行っておりますのでお気軽にご連絡ください。