今回のリフォーム工事では、既存の照明器具を外して、お客様が、新しい照明器具を取り付けられるように引っ掛けシーリングに変更する工事の途中の状況です。

引っ掛けシーリングに変更するときに、今回は既存の電気の配線ルートが予測できなかったため、配線ルートを確認することにしました。そのため天井の一部を開口しています。

照明器具配線確認のため天井開口中

配線位置を確認する理由は、引っ掛けシーリングを止めるビスで、誤って既存の配線を傷つけることがないようにするためです。

他の場所では、既存の電気配線の天井から出すことができる電気の線の長さが短すぎて引っ掛けシーリングを接続できないため、天井を一部開口して、電気の線を接続することにしました。

照明器具配線短くて接続できない。

照明器具から引っ掛けシーリングに変更等お考えでしたら、現地調査・お見積りは無料で行っておりますのでお気軽にご連絡ください。