今回の工事では、お風呂から、入り口下部分への漏水をなくすために、お風呂の入り口部分を解体して、漏水の原因を対処したのちに、新しいお風呂の入り口扉を設置する工事になります。

解体作業をする前の状況写真になります。下枠近くにシミが出ています。見た感じでは、それほど劣化が進んでいないような感じを受けてしまいますが、事前に床下に潜って漏水の問題があることを確認しています。

お風呂入り口下枠漏水状況
Exif_JPEG_PICTURE

解体作業を始めると、思っていた以上に劣化が進んでいる状況でした。両脇の木の下の部分も漏水の影響で劣化が進んでいました。

浴室入り口漏水による劣化
Exif_JPEG_PICTURE

この後、劣化した部分の補修と補強を行っていくことから始めます。

床のたわみ等、気になることがございましたら、現地調査・お見積りは無料で行っておりますのでお気軽にご連絡ください。